CATEGORIES

透明な素材

2018.10.30

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.90
来週から2019年モデル展示会が始まります。カタログも入稿が終わり印刷上がりを待つだけになりました。今回の新作は初めてアクリル樹脂を使った透明感のある製品です。成型合板や木素材を使った木製家具や、金属ではスチール、アルミダイカストや鋳造した物は手がけてきましたが、プラスチック樹脂素材は初めてです。マテリアルファニチャーブランドのトランスペアレンシーの家具デザインをする事になり、初めてアクリル素材を使用することになりました。

アクリル樹脂と聞いてプラスチック製としてイタリアの樹脂メーカーやイームズの樹脂素材の椅子を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、樹脂メーカーの多くの家具はポリカーボネート製で、イームズの樹脂は昔はグラスファイバーで今はPP樹脂で成型されます。両方ともの樹脂のペレットを使った射出成型の薄い物です。今回、当社が発表する家具はアクリル家具でも美しいキャスト方法で作られた厚いアクリル樹脂板を使用して成型した製品です。

私自身アクリル樹脂についての知識がありませんでしたが、アメリカ西海岸での撮影や住宅取材を通して、ヴィンテージ家具にアクリル家具が多く存在することは知っていました。60年以上経た椅子やテーブルが透明感や輝きを失わず、良い感じで時を経た家具が沢山あります。最初はそんなに時間が経っていないように思った家具も60年以上経て、座のクッション素材や布や革がボロボロになっても、樹脂自体は透明感を失っていません。素材自体を調べると1930年代にドイツで発明され、プラスチック樹脂素材としてはもっとも歴史があり、様々な用途に使われてきました。開発当初は戦闘機の風防に使われパイロットの視線と安全を守ってきました。現代では透明度と耐久性が最も必要とされる水族館の水槽に使用され、接着技術の進歩から巨大な水槽を持つ水族館が続々と作られています。その素材の多くを生産しているのが、日本のケミカルメーカーです。

アクリル樹脂は弱いのではと思われる方が多いと思いますが、高い透明度のアクリルはポリカーボネートやペット樹脂に比べ紫外線に強く、黄変や劣化はしにくい特性を持ちます。そういったことから航空機や水族館でも使われる素材で、傷については常識内の硬度があります。皆さんの身の回りにある透明アクリル樹脂のアクセサリー入れなど傷は気にならないはずです。また、十分の板厚を持ったアクリル樹脂は、水族館の水槽と同じで、磨いて輝きを取り戻すことができます。使い込まれたヴィンテージのアクリル家具を見てきましたが、長く愛される素材として家具に使えると確信をして使用しました。ガラスより透明度の高いアクリル樹脂は冷たい無機質な素材と思っていたましたが、実は柔らかで温かみのある素材であることに気づかされました。2019年モデルのPMMA+Woodは、皆さんの樹脂素材への固定観念を変えてくれると信じています。

同時に発表するA-mode、NEO CLASSICOの家具も柔らかさをイメージした製品で、いつも以上に苦労と情熱を傾けて創り上げた新製品です。11月7日からスタートする展示会は花をイメージした荒川 弘之氏のフラワーアート写真とのコラボ展示で、広尾本社会場はいつもの展示会と違うプレゼンテーションを行います。少人数制でゆっくり感じていただける会ですのでぜひおいでください。花をイメージしたアクリルシェルがお待ちしています。
(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)

2019年モデルのPMMA+Woodは透明度の高いアクリル樹脂(Polymethyl methacrylate・ポリメタクリル酸メチル樹脂)を使用した家具で、厚みがありながら驚くような透明感があります。椅子やテーブル、ラウンジチェアを展示します。

フォトグラフィック アーティストとのコラボレーション

2018.10.29

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.105
今から遡ること約30年前、AD CORE のカタログを製作する際、インテリアやプロダクト製品を撮影するカメラマンではなく、主にファッションをフィールドにお仕事をしているフォトグラファーに撮影をお願いしていました。家具のデザインもそうですが、クリエィティブディレクターの瀬戸のこだわりで、お決まりのアプローチではなく違った視点から家具を捉えて欲しいという希望があったからです。AD CORE の代名詞でもあるCERVOから撮影をお願いしていたのがフォトグラファーの荒川弘之さんです。

当時はまだ20代だった私達と、フォトグラファーとしてバリバリお仕事をされていた荒川さんとでガップリ四つに組んで撮影を行なっていました。1カットに費やす時間が2〜3時間なんて当たり前、スタジオ撮影の時はいつもエンドレスでした。現在のようにデジタル撮影ではなくフイルム撮影のため、モニターでチェックすることもできず、カメラのレンズで構図を確かめるか再現性の悪いポラ(ポラロイド写真)で確認するしかありませんでした。荒川さんとの撮影はいつも緊張感が漂っていて、現場にはアシスタントに鋭く指示を出す荒川さんの声が響いてました。今でもよく思い出すのが、フラッシュを焚いてのストロボ撮影が多かったのですが、荒川さんはいつもシャッターを切る時は空調のスイッチをOFFにするのです。微細な振動が起きないようにという気配りだったのですが、周りにいる僕たちは、もちろん息を殺してシャッターを切るのを待っていました。当時は自分たちで製品をトラックに積み込みスタジオまで運転して、撮影が終わったら再び梱包して夜明けの街を会社まで製品を持ち帰っていました。今となっては懐かしい思い出です。

そんな懐かしい荒川さんと先日20数年ぶりの出会いがあり、今年の新製品発表会でコラボレーションをすることになりました。ファッション関係のお仕事をしていた荒川さんですが、10年前のリーマンショック以来商業的な撮影はやめて、現在は自分の作品だけを撮影するフォトグラフィック アーティストとしての活動をしています。これまで「Yohji Yamamoto」氏とのコラボレーションやNYでの作品発表など、新しいフィールドで活躍されていました。今年発表する新製品と、荒川さんの作品とのイメージが偶然にもピッタリ。来週から始まる新作展示会、全く新しい試みの新製品も期待していただきたいのですが、荒川さんのアート作品とのコラボレーションも是非ご覧ください。皆様のお越しをお待ちしています。(開発 武田伸郎)
今から30数年前、荒川さんと撮影した撮影カット

2019モデル 新作発表会

2018.10.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.241(東京・広尾ショールーム)
朝夕はだいぶ涼しくなり、秋の深まりを感じるようになってきました。先週末に開催した東京の展示品一掃セールでは、多くのお客様にご来場いただきましてありがとうございました。セールは好評のうちに終了し、新作発表会にむけて本格的に準備がスタートしました。

2019モデルとして発売する「PMMA + Wood」は、アクリル樹脂と木製素材という異素材を組合せ、温かさと柔らかさを持った、今までに無い新しいファニチャーシリーズです。硬いイメージのアクリルが生み出す柔らかなフォルムが印象的です。新作発表会の形式も初の試みで、少人数制の着席形式で映像によるコンセプト説明と商品説明を行います。期間中ご来場の方に限り、新製品タブロイドをオリジナルバッグに入れてお渡しいたしますので、お誘い合わせのうえご来場ください。また、2019モデルの発売と同時に新しいファブリックを追加いたします。光沢のあるランバーモケットやウール素材のチェック柄などトレンド感あるバリエーションです。新作発表会よりご覧いただけますので、お楽しみに!!

説明会は各回定員を設けております。もうすぐ満員の回もございますのでお早目にお申し込みください。また、期間内ご自由にご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同心よりお待ちしております。
新作発表会のご案内▶︎
(ショールーム担当:西條 恵理) 水辺に浮かぶ蓮の花など、花弁をイメージしたチェアを発表します。 細かいパターンやチェック柄など新しいファブリックが加わります。

PRODUCT : NC-023L LOUNGE CHAIR

2018.10.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.111
今回はNEO CLASSICOシリーズよりアール・デコのエッセンスを現代に蘇らせたラウンジチェア、NC-023Lをご紹介します。馬蹄形の優美なラインのフレームに、重厚な座り心地、ボタン絞りを施したキルティングの張地が特徴です。

NC-023Lはフレームと脚部にメープルの無垢材を使用しています。柔らかなカーブを描くアームのフレームのジョイント部分には、継ぎ目が目立たず高い強度のフィンガージョイントを用いています。脚部はシンプルな形状ですが、アーム部分と同様に高い精度で加工されています。また、フレームとのジョイント部には目地を切ることでエレガンスなデザインになっています。

表に見えない内部構造もしっかりと考え、座面にはポケットコイルを使用し、へたりにくく長くお使いいただけます。さらにポケットコイルに硬さの異なるウレタンを重ねることで、硬さの中に深みのある座り心地を実現しました。背クッションの内部はフレームにベルトを貼った上に力布で覆い、弾力を出しています。さらに厚みのあるウレタンを力布に貼り付け、その上から張地を貼ることでしっかりとした硬さの背クッションになっています。ワタを生地と一緒に縫い込んだキルティングの張地は、18のブロックに分けられており、それらはすべて異なる型紙で生地をカットし縫い合わされています。NC-023Lの特徴であるアール・デコの華やかなテイストを表現するため、背クッションにはボタン絞りが施されており、凹凸を強調するためボタン絞りは裏側から紐で引っ張られフレームに固定しています。また、張地とフレームの収まりはパイピングを使用しデザインのアクセントになっています。

1930年代の華やかなアール・デコのテイストを現代的に解釈しNEO CLASSICOブランドとして現代に蘇らせたNC-023L。華美になりすぎないクラシカルなデザインはリビングシーンや応接室などに上質な空気感をもたらします。

(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■NC-023L LOUNGE CHAIR 製品ページ ▶ 左上:NC-023Lのフレームはメープルの無垢材を削り出してできています。アームのジョイントにはフィンガージョイントを用いています。左下:作業途中のパイピング部分。フレームを欠き込み、ストロー状の樹脂を芯にした張地を埋め込んで行きます。右:フレームと一体になっている脚部にはデザイン的に目地を入れています。 左上:フレームの構成。左下:ボタン絞りは裏から紐で引っ張られ、フレームに固定されています。裏から紐で引っ張ることで背クッションの凹凸が強調されています。右上:背クッションの構成。キルティング加工された張地がやや硬めのウレタンの上に被せられます。右下:NC-023Lの特徴であるボタン絞り。ステッチにより区分けされた18のブロックは、すべて異なる型紙で生地をカットし縫い合わされています。

SALE・新作展示会のご案内

2018.10.17

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.240(名古屋・栄ショールーム)
日に日に秋も深まってまいりましたが、いかがお過ごしですか?エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、毎年この季節に、年に一回限りの展示品スペシャルセールを開催しています。 東京・広尾ショールームの10月27日(土)28日(日)を皮切りに、名古屋・栄ショールームと大阪・心斎橋ショールームは、11月3日(土)4日(日)の2日間の開催です。

エーディコア・ディバイズ各ショールームでは「AD CORE」「NEO CLASSICO」「A-mode」の3つのブランドから多彩な製品を展示しております。商品はダイニングセットとリビングセットでの展示をしておりますので、トータルコーディネートができます。お引越や買い替えで家具をご検討の方にピッタリです!1脚ずつのチェアや照明はもちろん、以前ブログでもご紹介させて頂いたアートパネルや革小物、CASAMANCEクッションなどもセール対象品となり、大変お買い得なプライスで販売いたします。お気に入りの商品を見つけに是非ご来場下さい。すでに下見にいらっしゃっているお客様もたくさんいらっしゃいます。皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております。

そして、セール後には待望の2019モデル新作発表会が控えています。そちらも準備を進めておりますので皆様お誘い合わせの上ご来場下さい。 東京・広尾ショールームは11月7日(水)・8日(木)9日(金)、大阪・心斎橋ショールームは11月14日(水)・15日(木)、名古屋・栄ショールームは11月21日(水)・22日(木)に開催いたします。 2019年モデルとして発表する「PMMA + Wood」は、アクリル樹脂と木製素材という異素材を組合せ、硬質な質感と温かさと柔らかさを持った、今までに無い新しいファニチャーシリーズです。ドリンクを片手に、ゆっくりとご覧下さい。心よりお待ちしております。(ショールーム担当:小田切 里子)
SALE情報はこちら
新作展示会情報はこちら どの商品も売れ筋ばかり。毎日メンテナンスをしっかりしていますので状態のいい商品ばかりです。 照明やクッション、革小物やアートパネルもお値引きの対象となります。是非お見逃しなく!!

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る