CATEGORIES

フロアタイルのご紹介(名古屋・栄ショールーム)

2013.07.31

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.48
エーディコア・ディバイズ名古屋 栄ショールームのフロアは東リさんの床材が敷かれています。OAフロアのため天然木のフローリングを敷くことができないため、『ルースレイタイル LL300Pエコ』と言う、リアルな木目が特徴的で、再生材料を15%以上使用したフロアタイルを採用しました。

リサイクル・リユース・リデュースに対応し、環境にも配慮したecoなシリーズです。タイルの一枚一枚の色柄に変化と濃淡があり、この不均一感や貼り合わせの継ぎ目が目立ちにくい特殊加工により、仕上がったフロアにより一層の自然感をもたらしてくれています。ショールームにお越しいただいたお客様も、一見天然木のフローリングと見間違える程の仕上がりに驚かれると共にご好評いただいております。お客様にトータルバランスをご確認いただきながら家具を選んでいただけるよう実際のお部屋に使用されることの多いナチュラルな色味を選びました。また、入口のマットは、『グラフィックタイルカーペット DC1101』を採用。こちらはダストコントロール機能に特化し、意匠性にも優れたカーペットで、出入り口付近の清潔さと美観を保ってくれています。

皆様ショールームにお越しの際にはぜひご紹介させていただいたフロアタイルと入口のカーペット、チェックしてみてくださいね!お待ちしております。(ショールーム担当:小田切 里子)
東リさんのサイトはこちら 『ルースレイタイル LL300Pエコ』が敷かれた、ショールーム。AD COREの家具たちもずらりと並んでおります。
床とのコーディネートのご参考にもされてください♪
天然木と見間違える仕上がりに!入口を開けると、グラフィックタイルカーペット『DC1101』がお出迎え。

DESIGNER

DESIGN

SALES

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る