CATEGORIES

アメリカ西海岸での撮影 その2

2013.09.15

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.22

アメリカ西海岸での撮影も今回で4回目。新しいカメラマンさんのセンスも良く、私達の現地での撮影慣れもあり、今回の写真が一番良い仕上がりになりそうです。


家での撮影は本当に大変です。それはお借りする家はオーナーが住んでいるからです。元々あった家具を撤去して、そこに当社の家具達をレイアウトして撮影し、またオーナーの家具を元通りに置いて、テーブルの上の小物を撮影前に撮っていた写真を見ながら寸分違わないように元通りにして、クリーニングして終わる事です。一日4回引っ越しをして、飾り付けもするようなもので、本当に大変です。その全てを私達自身と手配した手伝いのスタッフと行います。それも床や家具に傷を付けないように細心の注意が必要です。今回もグアテマラの人たちにお願いをして作業しました。開発の武田君が指示しながら作業を進めますが、英語もあまり話せない人たちなので、大変です。

撮影はドミニクさんというファッションで活躍されているカメラマンにお願いをしました。とても穏やかな方で7人のスタッフで進めていきます。今回は映画関係のライティング専門のスタッフもいて、立体感のある写真になっていきます。立体感のある写真は光で作るんだな〜と関心しました。  (続く、、)  (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 今回の撮影はファッション撮影で活躍しているドミニクさんです。今回初めてお願いしたのですが、総勢7名のスタッフでどんどん撮影を進めてくれます。
もともとあったオーナーのガラステーブルを武田君が中心になって運びます。なじんでいて、武田君がどこにいるのか分からないかも、、。武田君は靴下ですが、スタッフ全員靴カバーを付けて床に気を使います。

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る