CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :SOTTILE( FILE No.13)

2014.04.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.35
AD CORE (エーディコア) ダイニングテーブル 、SOTTILE/ソッティーレ

今回お伝えします製品、SOTTILE/ソッティーレはイタリア語で「薄い」を意味します。無駄の無い、洗練されたシンプルで端正なテーブルとして2005年に発表しました。

SOTTILE/ソッティーレは極限まで削ぎ落とした薄いフォルム(20ミリ)の天板に脚部がジョイントされたデザインが特徴です。薄く見える天板は46ミリの厚みがあり、ワイド1800ミリのテーブルとして十分すぎる強度を保っています。その小口面を20度という鋭角な角度でカットし、そのテーパー部にメープル材の脚部をジョイントする事により、ソッティーレの薄い天板のデザインが生まれました。メープル材の脚部は天板に面する上部に、3次元形状のカッティングを施し、天板部のテーパー小口のコーナーにジョイントできるようにデザインされています。取付に使用する金物は強度あるダイキャスト製で木ねじがスパイラル状に広がり、強度を高めています。

通常のテーブル構造とは違うソッティーレのデザインは、特殊な設計と精密な加工技術によって完成しています。テーブルの裏面はエーディコア・ディバイズの他の製品と同じようにしっかり仕上げられており、完成度の高い製品として人気が高い製品の一つです。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)
■SOTTILE/ソッティーレ製品ページ ▶
[ 左 ] 脚は天板木口面とラインを合わせて取付。
[右上] 20度のテーパー仕上げと、脚をコーナーに取付けたことで、天板が薄く見えます。
[右下] 天板と脚の固定は内側からレッグジョイントを使用して固定します。
[ 左 ] 天板と脚のラインを合せる為、レッグジョイントの受座をコーナーギリギリの位置で取付。
[右上] 脚は天板のテーパーに合わせて加工し、レッグジョイント金具を取付
[右下]レッグジョイントの受座は、スパイラル状に配置したビスを斜めにして天板に固定しています。
   ガッチリとした受座の開口部に脚金具をハメコミ、ボルト1本で天板と脚を固定します。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る