CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :028-MODEL( FILE No.18)

2014.09.24

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.44
オーソドックスでエレガントなアールデコのデザインソースを、現代のモダンなNEOCLASSICOスタイルに表現した028-MODEL。今回は、NEO CLASSICOブランドの中から、ダイニングチェアの028-MODELを紹介します。構造的な納まりから、細部のデザインにまでこだわり抜き、柔らかなリラックスした余韻を楽しんでいただけるチェアとして、2009年に発表しました。

028-MODELのデザインは、リージェンシー・スタイルのデザインソースを、現代のモダンなNEOCLASSICOスタイルに昇華させました。クラッシクスタイルをモチーフにリ・デザインしただけのチェアでは無く、構造的な納まりから細部のデザインにまでこだわり抜いたチェアです。バネの効いた座クッションは、布バネのダイメトロールを使用。フレームは上質な北米産メープル材を使用しています。木部のフレームが形創る計算されたラインと柔らかで丸みを帯びたクッションが、リラックスした空間を演出してくれます。また、椅子の出し入れの際に使い易さと布の汚れ防止として、背後ろ下には手掛けの掘込みがあります。

クラッシクスタイルの形ですが、この028-MODELでは背の受け止めを構造から吟味しました。背の部分は、一見すると木フレームに後張り仕上げをしたチェアに見えますが、作業性も考慮し背クッションとフレームは別々のパーツで構成しています。あたかも張り込みのような納まりに仕上げました。座面にはフレームにミゾを設け、そこに張地をパイピングで納めています。パイピングを入れたことで、座面下から見える木部とパイピングが高級感を際立たせます。アーム部分はNC加工でメープル材を贅沢に削り出しで加工し、柔らかなラインで仕上げています。

028-MODEは1920年から30年代のアールデコの意匠をイメージしながら、構造的な納まりから細部のデザインに至るまでこだわり抜いた、NEOCLASSICOにふさわしい新しいモダンな意匠と上質なしつらえの製品です。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)

■028-MODEL 製品ページ ▶ [ 左 ] 028-MODELのフレーム 。背のパーツは、背の形を綺麗に出す為に木枠を組んでいます。後脚のフレームを背まで
   伸ばしたことで椅子の出し入れの際、手掛として使用でき張地の汚れ防止にもなります。
[右上] 背のパーツをフレームに取付ける仕様にしたことで、作業性も上がり背とフレームの納まりが綺麗に仕上がります。
[右下] 背部の上部内側は持ちはこびやすいように手掛けの掘り込みを付けています。
[左上] 背の内部ウレタン、前後サイド共、形状に合わせたウレタンを使用しています。
[左下] 座面の内部ウレタン、幾層にも重ねたウレタンと、ベースにはクッション性に優れた 布バネ・ダイメトロールを
   使用。
[右上] アームは2つのパーツで構成され、接続部分をホゾ組みにしたことで、強度を上げています。
[右下] 座面のフレームにはパイピングの溝加工を設けて、張りのある柔らかな座面に仕上げています。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る