CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY : CERVO Ⅲ (FILE No.24)

2015.03.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.56
草原に立つ若鹿のように、凛々しく躍動的なたたずまいのCERVO III( チェルボ トレ)
今回は、AD COREブランドの中から、CERVOⅢ/チェルボ トレを紹介します。チェルボはイタリア語で「鹿」と言う意味です。「鹿脚」と名づけられたスレンダーな脚とスチールフレーム。均整のとれたハイバックのプロポーションに 型押しのクロコダイルやハラコの毛皮をマテリアルに加え、ラグジュアリー・スタイルの新しいチェルボとして、2004年に発表しました。

エーディコアのロングセラー、CERVO/チェルボをさらに進化させ、高級感あるエグゼクティブバージョンとして2004年に生まれたチェルボ トレ。一体成型の成型合板シェルの背面は天然木の突板仕上げに、座り心地を決める背座表面はファブリック張りの贅沢な仕上げ。成型合板のしなりを活かした座り心地は、初代とはまた違った快適な座り心地です。特徴ある成型合板のシェルと、スレンダーなビーチウッド材の脚を繋ぐXフレームと名付けたスチールパイプフレーム。パーツ化された構造はメンテンナス性に優れています。モダンなデザイン性と共にスタッキング機能も持ちあわせています。

成型合板シェルは7枚の単板をプレスして成型しており、背面の天然木はビーチ材とマホガニーの2種類から選択ができます。チェルボシリーズの中で背を最も高くしたデザインは、男性の方でもゆったりと座る事ができ、長時間座っていても疲れにくく心地良くくつろぐことができます。アーム部分はそのシャープなスタイルに合わせたデザインに仕上げ、専用の金物で固定しています。またシェルの廻りにパイピング用の溝を設けて張り込むことにより、厚みを押さえたシャープなデザインに仕上げました。

チェルボ トレは、カフェやレストラン、オフィス、住宅等幅広くご利用頂き、雑誌掲載などにも取り上げられるADCORE ブランドの代表作とも言える製品です。金属と成型合板との斬新な異素材の組合せが、デザインだけでなくメンテナンス性にも優れた、永く使い続けられるダイニングチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■CERVOⅢ/チェルボ トレ 製品ページ ▶ 左:成型された合板にカットした座面を重ねました。プレスの単板は、仕上り寸法より大きい材料から使用して加工します。右上:プレス前の単板、1.5mmのブナ単板を使用。右下:成型合板は7枚の単板を重ねてプレスされています。 左:チェルボ トレのプレス用治具。何トンもの圧力をかけ、高周波を使って接着剤を熱硬化します。右:木口パイピング部分の5mmの溝加工は、NCルーターマシンを使用し精度の高い仕上りにします。 左上:ウレタンはテーパーに加工したものを裏返して張る事により、段差のない丸みのある仕上りになります。左下:Xフレームは、座が浮遊したようなデザインが特徴です。右上:立上がる時に全体重をかけるアーム部は、表面からは見えませんが、接続部に金属パーツを使用して強度を出しています。右下:三角に削いだ特徴あるシャープな脚は、六角ビスによって固定され交換が可能です。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る