CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :LINEA( FILE No.31)

2015.10.23

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.70
今回は、ADCOREから、LINEA/リネアを紹介します。リネアはイタリア語で「線」と言う意味です。そのフォルムが「線」を描くように繋がるデザインと構造の融合。素材感を損なうことなく高度な加工技術によって完成された独創的なスタイルのアームチェアとして、 2003年に発表しました。

不均等厚成型合板を用いた特徴的なデザインは、カンチレバーをADCORE的に解釈し、実現したものです。カンチレバーの椅子は強度が必要なので、一般的にはスチール脚を使用したタイプがほとんどです。しかしリネアは木製脚の軽快なラインを実現すると同時に強度を持たせることに成功しました。素材感を活かしながら3次元プレス技術の粋を集め、フレーム・座、全てに成型合板を使用。しっかり安定した座り心地と適度にスイングする絶妙の掛け心地に仕上げました。

トラス型の脚は、フィンガージョイントでパーツ構成しています。強度面も、力が掛るところに厚みを持たせた不均等厚の成型合板にし、フレームをトラス形状にすることでより強度を上げました。座面を支える貫も成型合板にすることで、無垢材とは違い座面をしっかりと支えてくれます。またレベルの調整が出来るように、長穴のプレートで座面を固定しています。さらに座面には三次元プレスをした成型合板シェルを使用。木口面に溝を設け、張地をパイピングで抑える仕様にし、クッション性を持たせながら、厚みを抑えたシャープなフォルムに仕上げました。アームと連結する金具も、表から見えないように特殊な金具を使用しており、背にもたれても安定した強度を持っています。デザインと強度、構造と快適性を、現代の加工技術によって実現しました。

リネアは、その独創的なスタイルから、ダイニング以外でも、ホテルラウンジ・レストラン等、様々な場所でご利用頂いています。デザインと構造美の可能性を突き詰めた、エーディコアオリジナルの完成されたスタイルのアームチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■LINEA 製品ページ ▶ 左:「線」を描くように繋がれた脚部のラインは、フィンガージョインで構成しています。右上:フレームのジョイントは表から見えませんが、2本のフレームが重なるアーム部分をフィンガージョイントで重ねて強度をあげています。右下:前後を繋ぐフレームは、下部をダボとフィンガージョイントで接着面を広くして結合しています。 左上:アームとシェルの接合は、金物は表から見えないように木口面からアームの裏面で固定します。右上:アームの接合金具は、背に欠込みを設けプレートをビス固定をしています。左下:脚に連結する貫は薄くても強度を持たせる為、成型合板をホゾ加工し、脚に連結しています。右下:アングルは角度の違うLアングルを使用、長穴プレートをボルトで固定し、レベルを調整して脚と座面を4箇所固定します。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る