CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :MD-201( FILE No.32)

2015.11.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.72
今回は、A-modeの中から、MD-201を紹介します。目指したのはあくまでもシンプルでオーソドックスなチェア。脚部にはビーチ材、座面ベースにはファニチャーメッシュを使用しました。ふっくらとした厚めのウレタンと、ゆとりを持たせたサイズでしっかりとした掛け心地を持たせたチェアとして、 2010年に発表しました。

テーパー処理を施した脚部と、後脚の角度を浅めにデザインしたことで、シャープな印象を際立たせます。座面には布バネ・ファニチャーメッシュの上に4層のウレタンを使用し、ゆったりとした座り心地に仕上げました。背中のクッションも4層のウレタン、アームチェアの内側には3層のウレタンを使用しています。直線的に仕上った様に見えるフォルムにも内側のカーブと背裏にもカーブを描くことで、スクエアなフォルムに柔らかさを表しました。見えない内部フレームにも強度を考え、ダボとホゾを併用してフレームを組み上げています。さらに背と座面の張地を貼り分けることにより、オーソドックスなフォルムに変化をつける事が出来ます。また便利なオプションハンドルも用意しました。スチールにクロームメッキ仕上げの持ちやすいハンドルは、購入後の取付けも可能です。

MD-201は、シンプルでスクエアなフォルムをベースにしたスタイルにより、ダイニング以外でも様々ななインテリアシーンに合わせてご利用頂いています。柔らかなラインの中にもシャープな印象を感じさせるチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)

   ■MD-201 製品ページ ▶ 左:MD-201Aの内部フレーム、張り上がると見えない箇所もビーチ材を使って綺麗に仕上げています。右上:強度が必要な前脚と座枠フレームの連結は、ダボとホゾを使用して固定します。右下:背のフレームには、ハンドルの後付を可能にするため、鬼目ナットが取り付けています。 左上:背のウレタン、 左下:座のウレタン、それぞれ4層のウレタンを使用しています。 右上:アーム内側のウレタン、3層のウレタンを使用しています。 右下:オプションハンドルはAD CORE DEVISEのオリジナルハンドルです。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る