CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :STAGIONI( FILE No.33)

2015.12.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.74
今回は、AD COREの中から、STAGIONI/スタジオーニを紹介します。スタジオーニは、イタリア語で「季節」と言う意味です。安定感のあるゆったりとした座面と、無垢材を削り出した背フレームが流れる様なシャープなラインを生み、独特な空間を生み出すソファとして、 2005年に発表しました。

柔らかなクッションを支える背にはソリッドのメープル材を使用、メープル材の繊細さと力強さを表したデザインにしました。背クッションもそのラインに合わせた形状で、フレームのラインに沿った形にしています。ベッドのように快適な座面は、ボタンの無い絞りが特徴です。絞りを中心にやわからなカーブを描く座面は、丁寧なキルティングの縫製技術から生まれました。内部にはポケットコイルスプリングを使用しています。深い座面の奥行きは、ゆとりのあるリラックススペースを生み出し、大小の羽毛クッションを自由にセットすることにより、様々なくつろぎのスタイルに対応します。サイズバリエーションは3人掛け/シェーズロング/オットマンの3タイプ、さらにリビングテーブルも3サイズのバリエーションを設け、木天板とガラス天板(クリア/フロスト)を用意しました。球状のソリッドメープルを削りだした脚部には、移動を可能にするストッパー機能付きのキャスターが内蔵されています。キャスターがあることで移動をスムーズに行うことが出来、様々な組合せが可能です。

その安定感のあるスタイルから、リビング以外でも、ホテルラウンジ・エントランス・ウェイティングスペースなど、様々なインテリアシーンにご利用頂いています。スタジオーニは、「季節」が変わるように、インテリアも替えることができる、システムソファです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)

   ■STAGIONI 製品ページ ▶ 左:背のフレームは、無垢材の削り出しメープルのフォルムを美しく見せる為、強度とデザインを両立した仕上りになっています。右上:座面は絞り加工を施したキルティングで柔らかなラインを出しています。右下:リビングテーブルは、使い勝手と納まりを考えたモジュールで仕上げています。 左:ソファの裏面も丁寧に仕上げています。右上:ソリッドメープルの削り出した脚の中にロック機能付きの双輪キャスターを使用しています。右下:ソファ内部にはポケットコイルスプリングが入っています。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る