CATEGORIES

デザインの視点 ベルジャン・スロープ・アームチェア 053-MODEL

2016.04.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.81
2014年にスタートしたネオクラシコブランドのアメリカンクラッシックシリーズ、ヘリテージに2016年モデルとして、053-MODELなど2点のラウンジチェアを発表しました。ヴィンテージ、フェミニンからスタートしたシリーズはエフォートレスシックをキーワードに、エレガントな大人なカジュアルをイメージしたデザインはスタートから多くのご指示をいただいてます。

その中でも今回紹介する053-MODELは、デザインと掛け心地の良さから一番人気の製品になっています。ベルジャン・スロープ・アームチェア/053-MODELはシンプルな19世紀ベルギースタイルのインテリアをモチーフにデザインされ、その時代流行したウィングチェアのウィングを控えめにし、なだらかなアームを持つシンプルなラウンジチェアです。頭まで包まれる空間は、静かで落ち着いたパーソナルな空間を創るために効果があります。

053の構造は、体重を支える座に鋼製ウェーブバネを木フレームにしっかりと固定、その上に多層のウレタンとスーパーソフトウレタンを使用したクッションを置きました。特徴のハイバックの背は弾性ベルトをクロスに組み上げ、腰の当たりはしっかりとしたウレタンフォームを使用、背から頭にかけては雲の上に寝ているような柔らかさを出すためにスーパーソフトウレタンを多層に重ね、背骨のカーブに沿うような形状に作られています。その柔らかな座り心地は女性(150センチ)から男性(190センチ)の方まで、巾広い身長の方に、快適にご使用いただけるように、開発時に試作を重ね細かなモジュール設定を行い完成させました。

包み込むような柔らかな座り心地は、ただ柔らかいのではなく、しっかりとした木フレームと鋼製バネに守られた、安心できる長くお使いいただけるラウンジチェアです。住宅のリビングだけでなく、コントラクト物件でも長くお使いいただける製品です。ぜひお座りいただきお確かめ下さい。          (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)

■053-MODEL ベルジャン スロープアーム チェア ▶
当社の東京広尾スタッフの営業課長の下山君(182センチ)と小山内さん(155センチ)の座り姿です。二人とも快適に座れます。巾広い身長に対応する、腰と背のバランスのモジュールを決めるために試作を重ねました。 左:背は腰と背で弾性ベルトの引っぱりを変えて腰の部分は少し固めにしてウレタンフォームも背より固めの物を使用して腰を支えます。座フレームには鋼製バネが張られます。右上:アーム内側には合板にチップウレタンが張られしっかりとした形を作りその上から柔らかなウレタンが張られます。右下:アーム外から背裏には優しいカーブを出すために綿が貼られています。(通常ならウレタンフォームを使用)

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る