CATEGORIES

ショールームBGMのご紹介(名古屋・栄ショールーム)

2016.09.13

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.167
エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、季節に合わせてBGMを変えています。毎シーズンごとに、クリエイティブディレクターの瀬戸が様々な音楽シーンの中からチョイスしています。今回は、秋冬の新しいBGMを少しご紹介させていただきます。

NEO CLASSICOシリーズは1960年代に活躍したジャズピアニストのビル・エヴァンスの作品の中でも代表作の一つと言われる1964年の作品で、スコット・ラファロ、ポール・ モチアンとの伝説のトリオで録音した『Waltz For Debby』。こちらは、客席のざわめき、食器の音なども混じり、ライヴならでは臨場感たっぷりの1枚。ライヴの録音…?!とはじめは思いましたが、聴いてみるとこの音があるからこそ、このアルバムの魅力を引き出しているのだと感じました。

AD CORE・A-modeはキース・ジャレットの1998年の 『The Melody At Night, With You』。こちらは、難病から奇跡の復活を遂げた巨星ピアニストキースの復帰後第一弾で、闘病中に支え続けてくれた彼の妻に捧げられた1枚です。収録曲はスタンダードとして有名なラヴソングばかりで、奥様への深い愛が伝わってきます。

どちらも1960年〜70年代に活躍したジャズピアニストで、現在YouTubeのVEVO(音楽ミュージック)のJAZZ部門2016で上位作品の2枚です。ショールームにお越しの際は是非新しくなったこちらのBGMに耳を傾けつつ、家具をお選び下さいませ。(ショールーム担当:小田切 里子) 写真右:『Waltz For Debby』左:『The Melody At Night, With You』 心地の良いBGMでお迎え致します。

DESIGNER

DESIGN

SALES

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る