CATEGORIES

PRODUCT : MD-301N-MODEL(FILE No.40)

2016.12.22

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.90
先日2017年の新シリーズとして発表した、A-mode Heritage からテレビボードMD-301の新仕様、MD-301Nをご紹介します。時代やテイストなどカテゴリーに左右されないコーディネートを可能にする A-mode Heritage のコンセプトを体現しつつ、MD-301の特徴を受け継ぎ、バージョンアップしました。

MD-301NはシンプルでスクエアなMD-301の特徴はそのままに、素材を表情豊かなオーク材に、端部の面取りも大きめに変更し、柔らかな印象になりました。テレビの大型化に対応し、W1800に加えてW2100、W2400のモデルを追加。オープンタイプに加え、フラットな板扉、ガラスをはめ込んだ框扉、スタイリッシュなルーバー扉の3種のフラップ扉からお選びいただけます。ガラス扉はガラスの納め方を丁寧にデザインし、ルーバー扉は各部材を塗装してから組み立てる事で、複雑な構成でありつつも細部まで美しい仕上がりになっています。また、両サイドの開き扉にはソフトに閉まるダンパー機能のあるスライド蝶番を、フラップ扉にはゆっくりと開くソフトダウンステーを採用し、スムーズで静かな使い心地を感じて頂けます。機器の配線穴は上下に二つ設けてあるため、内部の配線が美しく納まります。そして本体の背面は前面、側面同様に仕上げられているため、テレビボードとしてだけでなく、空間を区切る間仕切りとしてもお使い頂けます。

MD-301Nは様々なインテリアスタイル合わせてお使い頂ける A-mode Heritage らしいアイテムです。サイズと扉の多彩なバリエーションから、インテリアシーンにあった一品をお選びください。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)

■MD-301N TVボード 製品ページ ▶ 左:両サイドの開き扉に使用しているスライド蝶番。一見何の変哲も無い蝶番ですが、内部にダンパーが仕込まれているため、扉がゆっくりと閉まります。右:フラップ扉には、ゆっくりとスムーズに可動するソフトダウンステーを採用しました。
左:ルーバータイプのフラップ扉は、ひとつひとつの部材に塗装を行ってから組み上げているため、コーナーの入りズミなど細部も美しい仕上がりです。右:背面の仕上がり。間仕切りとしてもお使い頂けるよう、背面も側面、前面と同じように仕上げました。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る