CATEGORIES

製品達の活躍の場

2016.12.23

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.84
先日終了した、注目の人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」通称、逃げ恥?、皆さんご覧になっていましたでしょうか。ドラマの劇中に AD CORE の家具が使われていました。主人公の伯母役、石田ゆり子さんの自宅のダイニングチェアに、我が社の代表作であるCERVOが使われていました。突然の登場でびっくりしましたが、独特のフォルムの椅子なので一目でそれと分かります。今回はタイアップや製品の貸出しはなかったので、ドラマの制作会社やスタイリストの方のセレクトで使っていただいたのでしょうか。人気ドラマだった事もあり「ドラマに出てたね」と皆さんから声を掛けていただきました。常日頃、家具のご注文いただいて様々な所へ納めさせていただいていますが、どんな所でどんな風にお使いいただいているかを知る機会は本当に限られています。今回のドラマのように、思いがけない所や素敵な場所に製品を使っていただいているのを見ると本当にうれしくなります。

先日も、茨城県の坂東市役所にメンテナンスのため初めてお伺したのですが、素晴らしいスペースに使っていただいていて感激しました。市街地の道路から「坂東市役所」の表示に沿って細い道に入り「こんな場所に?」と、思いながら角を曲がると、開けたスペースに坂東市役所がこつ然と姿を現しました。石、木材、ガラスを用いながらオープンスペースを大胆に使ったモダンで素晴らしい建物です。広々としたエントランスの吹き抜け、しっかりとした無垢材の床、ロビーから受付、働く職員の方全体を見渡せるオープンなフロア、モダンですが落ち着きのあるインテリア。そんな市庁舎のロビーや会議室でAD CORE の家具をお使いいただいていました。メンテナンスのお仕事が無ければ、訪れる機会が無かったかも知れません。身近な所で出会うAD CORE の家具もうれしいものですが、いろんな素敵な空間でAD COREの家具が活躍しているのを見るとまた別のうれしさがあります。こんな出会いが家具の仕事をする上で喜びに繋がるのだと思います。

今年も一年が過ぎようとしています。一年間皆様には大変お世話になりました。来年も素敵な出会いがたくさんあるようにがんばりたいと思います。(企画開発/武田伸郎) 夕暮れに浮かび上がる坂東市役所。とってもきれいです。 待ち合いホールに鎮座するMD-101M

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る