CATEGORIES

PRODUCT : MD-103NL-MODEL(FILE No.41)

2017.01.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.91
今回も、先日発表したA-mode HeritageシリーズからラウンジチェアMD-103Lの新仕様、MD-103NLをご紹介します。直線的でシンプルな構成に、ゆったりとした座り心地を実現したMD-103Lのモジュールを見直し、A-mode Heritageらしく、柔らかでクラシックモダンなテイストにアレンジしました。

MD-103NLは従来のローバックモデルに加えて、頭までホールドするハイバックモデルと脚をのばせるオットマンを追加し、よりゆったりとくつろいで頂く為にサイズも大きくしました。素材は木目の表情が豊かなホワイトオークに変更、各部の面取りを大きくし、手触りでも木材の柔らかさを感じて頂けます。そしてMD-103NLを特徴付けている滑らかなカーブを描くアーム。自然に触りたくなってしまうような曲線を描くアームは、肘置きがしっかりと確保され、ゆったりとした時間を過ごすのに最適です。

クッションの構成は、弾性ベルトと多層ウレタンを使用した柔らかな座り心地です。新しく追加されたハイバックモデルは、腰の部分にしっかりとしたウレタンフォームを使用し、背から頭にかけてはスーパーソフトウレタンを多層に重ね、背骨のラインに沿うよう構成しました。柔らかいだけでなく、身体を正しい姿勢で支える事で快適にくつろいで頂けます。

MD-103NLのデザインとやわらかくもしっかりとした座り心地は、ホームユースだけでなくコントラクト物件でもお使い頂けます。新しいデザインと座り心地のMD-103NLをぜひショールームでお試し下さい。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)

■MD-103NL ラウンジチェア 製品ページ ▶ 左:アームの肘置きが広くなり、よりゆったりとお使い頂けるようになりました。右上:アームの裏面も手で触れる事を考え柔らかなラインを描いています。右下:ホワイトオークの特徴である虎斑が出る事もあります。天然素材ならではの味わいです。 左: 背クッションの構成 背と腰でテンションの異なる弾性ベルトをベースに、腰を支える部分には固めのウレタンを厚めに、背を支える部分には柔らかめのウレタンを貼っています。どちらも表面はしっとりと柔らかいウレタンで覆っています。右:座面の裏側 弾性ベルトに固さと厚みの異なるウレタンを重ね、柔らかな座り心地です。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る