CATEGORIES

Paris Deco OffとMAISON&OBJETに行ってきました

2017.01.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol78 (東京・広尾ショールーム)
先週、リフレッシュ休暇をいただいてパリに行ってきました。今回の目的はParis Deco OffとMAISON&OBJETです。ずっと行きたいと思っていたのですが、今回やっと実現しました。

パリ到着初日は市内で開催されているParis Deco Off へ。今年が3年目になるParis Paris Deco Offは,パリ市内のテキスタイルメーカーやエージェントのショールームが100以上参加するイベントで、一同に新作をみる事ができます。大きく分けて2つのエリアで開催されていて、左岸のサン・ジェルマン・デ・プレを中心にしたエリアと、右岸のヴィクトワール広場付近のエリア(主にMail通り)です。各社ともウィンドウやディスプレイに趣向を凝らしており、ショールームを廻っていると今年のトレンドが見えてきます。今回はグリーンのファブリックを使ったディスプレイが目立ちました。青みのグリーンやピーコックグリーン、カーキなどのバリエーションがとても豊富で、動植物柄も印象的でした。いつもはウィンドウから眺めているだけのショールームにも中に入る事ができ、貴重な経験でした。

2日目は欧州最大級のインテリア・デザイン見本市のMAISON&OBJETへ。家具、照明、テキスタイル、テーブルウェア、雑貨などインテリア全般にまつわる商品が世界各国から集まっています。なかなか見る機会のない家具メーカーやディスプレイの参考になりそうなブースを中心に廻りました。こちらでもやはり、グリーンのファブリックが目につきました。これから注目のカラーですね。会場となっている8ホールにはそれぞれコンセプトがあり、HALL1のコンセプトは「ECLECTIC -Laissez-vous surprendre.-」。エスニック、モダン、ナチュラルなど様々なスタイルが融合されていました。エーディコア・ディバイズの新作、2017モデルで発表したA-mode Heritageのコンセプトも「ECLECTIC STYLE」。インテリア業界の大きな流れと自分の仕事がリンクする瞬間でもありました。

展示会の後はパリ市内のギャラリーやインテリアショップを廻り、パリのインテリア事情を見てきました。今回のパリ旅行でインプットしたものをショールームのディスプレイやお客様の提案に活かしていきたいと思います。ぜひ、エーディコア・ディバイズのECLECTIC STYLEを体感して下さい。ご来場をお待ちしております。
(ショールーム担当:西條 恵理) 左:JABのウィンドウ。トルソーにドレスを着せたようにディスプレイされていました。右上:NOBILISショールーム。ソファには無地のグリーン。オットマンには花柄のグリーンが使われていました。右下:会場となっている通りには各社のファブリックを使ったランプシェードが。街を彩っていました。 右上:各ホールのコンセプトを表現したコーナー。左下:poradaのブースでは壁面にグリーンが使われ、アクセントのクッションもグリーンでコーディネートされていました。右下:ディスプレイや植物の参考になるブースもありました。

DESIGNER

DESIGN

SALES

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る