CATEGORIES

アメリカ西海岸インテリア視察ツアー過去の視察内容

2014.07.14

アメリカ西海岸インテリア視察ツアー過去の視察内容

エーディコア・ディバイズでは2009年よりアメリカ西海岸ツアーを開催してきました。1920年代のフランク・ロイドの歴史的住宅から1950年代のピエール・コーニッグのケーススタディハウス、アメリカ建築の巨匠、ノイトラの住宅等のオリジナルデザインの住宅、ミッドセンチュリー建築をモダンにリノベーションされた建築や2000年代の新しいモダン住宅など様々な建築を視察してきました。

視察ツアーで訪れた建築は一般に公開されていない所が多く、ロサンゼルス在住の撮影プロデューサーとの関係者からの強力なコネクションで実現したツアーです。今後もエーディコア・ディバイズでは様々な建築を巡るツアーやセミナーを行ってまいります。ご期待下さい。

下記に掲載の写真は2009年からのツアーで訪問した建築の一部を掲載しています。アメリカの建築の奥深さを垣間みる事のできたツアーの一部をご覧下さい。ツアーでは9~10カ所を巡りますが、写真の掲載は6カ所になっています。 2014年ツアー:ビバリーヒルズの1936年のフェデラルスタイルの住宅、サンタモニカの海辺に建つ有名カメラマンが作ったローズホテル、ダウンタウンのアパートメント、アートディストリクトのナビスコ工場ビルのロフト住宅、サンタバーバラの貴族の家、サンタバーバラ湾を一望するゲストハウス等を訪問しました。 2013年ツアー:アカデミー賞受賞者のマリブに建つ住宅、ビバリーヒルズのハリウッド俳優のエージェントの家、ダウンタウンのアパートメント、サンタモニカのデザインホテル、パームスプリングスのミッドセンチュリー住宅を訪問しました。 2012年ツアー:カタログ撮影で使用したモダン建築の2件と果樹園の土壌改良から始まったカリフォルニア住宅、ケーススタディハウスNO.22やLAのレストラン業界をリードする若き経営者の所有する住宅や、3エーカーのカリフォルニアスタイルの庭を持つガーデンハウスを訪問しました。 2011年ツアー:2010年建築のカリフォルニア建築家のレイ・キャピの環境住宅、2009年の現代モダン建築、1956年のジョン・ラトナーのヴィンテージ住宅、1910年代のグリーン兄弟の邸宅など様々な年代の建築を訪れるツアーでした。

アメリカ西海岸•インテリア研修旅行についてよくある質問

2014.05.15

アメリカ西海岸•インテリア研修旅行についてよくある質問

アメリカ西海岸•インテリア研修旅行についてよくある質問
当社のアメリカ西海岸インテリア研修旅行は営利目的で開催ではありません。日頃よりご愛顧いただいていますお客様のための視察ツアーです。セミナーを通じ、お客様から瀬戸の取材旅行に同行したいとの声からツアーを企画して開催する事になりました。今回で5回目の実施となり、今迄40カ所を越える建物訪問をして、複数回参加いただいてるお客様もいらっしいます。初めてのお客様につきましては、ツアー内容などよくある質問をまとめましたので、参考にして下さい。

Q.大手旅行会社の現地オプショナルツアーの豪邸巡りツアーとどう違う?

ロサンゼルスのビバリーヒルズをスター豪邸巡りと称して5時間($180)のツアーがあります。よく現地でスターの家の門の前を流しながら、説明しているのをよく見かけます。実際、道から家の門を見るだけで、中に入ったりはできません。また、スターは家を住み替えたり、数軒持っているので、本当の家かどうかも分かりません。当社のツアーでは現地の関係者を通して、オーナーとスケジュールを決めて訪問し、実際にお住まいの中に入りその場に身を置く事ができます。(今迄、セレブの方の家だった事も数回ありました)当社のツアーもミニバンを使用しますが、ビバリーヒルズ市内は観光バスの乗り入れが禁止されており、住宅市街には商用目的の車の乗り入れも禁止されています。また、その為に一般車に近いミニバンを数台チャーターして移動します。(運転手付きのミニバンを一日チャーターしています)

Q.住宅では自由に見て回れるの?公開している住宅なの?写真は自由に撮れるの?

当社ツアーで訪問する住宅は現地関係者(ヴォーグ誌等のファッション雑誌の撮影プロデューサー)の交友関係を中心に選定しております。その為に今の旬の海外ファッション雑誌で見られるような住宅を見る事ができます。しかし、有料で公開している住宅ではなく、住まいとして使用されている住宅です。日本でも友人宅に行って自由に歩き回ったりはしませんよね。それと同じで、好意で案内いただいていますので、それなりのマナーで見せていただく事になり、オーナーの後をついて歩く事になります。しかし、日本と違いトイレ、バスルーム、子供部屋まで案内していただける事が多いです。(今迄のツアー参加の方の行儀が良かったからかも)写真についても撮影OKのお宅がほとんどですが、一度に20人の人が訪問しますので撮影マナーは大切です。瀬戸が取材した写真をツアー参加の方には差し上げていますので、安心下さい。

Q.大手旅行会社のロサンゼルスツアーは安いのですが、、。

大手旅行会社のサイトを見ると、安心の往復送迎付 ロサンゼルス6日間スタンダードクラスホテル¥129,000〜¥150,000等とありますが、それに比べると高いのでは?と思われる方もいます。こういったツアーは、一般的にダウンタウンの2つ星のホテル、朝食無しでのツアーです。当社ツアーと同じビバリーヒルズ辺りの4星ホテル・ヒルトンで朝食付きツアーであれば、¥243,000(朝食3食)ホテル送迎のみです。 ロサンゼルス市は広大で地域によって治安が違います。ダウンタウン辺りでは夜は危険で歩く事はできません。また、 ロサンゼルスは車が無いとまったく移動できません。歩いて、食事に行ったり、ショッピングできるエリアのホテルは価格帯が全く違います。当社が毎回使用するソフィテルは旅行会社が使わない高級ホテルですので、上記の¥243,000以上になるはずです。(¥260,000程度になるかと)当社のツアーはこれに夕食1回、朝食4回付いて移動用のミニバン、バスや案内スタッフも同行します。

Q.なぜ、成田空港発のツアーなの?羽田空港が便利では?

羽田空港増便はヨーロッパ、アジアがメインで、ロサンゼルスへの発着便の時間帯については従来と変わっておりません。その為、ユナイテッドエアー、ANA、デルタ便では羽田空港発が夜中の0時過ぎ発で、現地空港に18時過着となりホテル到着は20時以降の夜になってしまいます。(成田発SQなら13:30到着で半日観光でき時差ボケ解消になります)また、帰国便でも夜中の1時頃の出発となり、羽田到着がチェックアウト後翌々朝05:00(4泊7日)となります。同じくデルタ便の羽田着ではロサンゼルス夕方発、羽田に23時頃(4泊6日)到着になり、帰宅時間に影響があります。成田到着のSQなら19:30到着になり、近くの地方都市なら帰宅可能です。実際、ロサンゼルスへの羽田空港発着の、大手旅行会社のツアーでは成田発着より1万程度安く設定されています。(乗り継ぎや、時間的な不便さから)

Q.自由時間(フリータイム)はあるのでしょうか?お買い物時間は?

視察ツアーのメインは到着の翌日の2日目と3日目の二日間になっています。4日目のショートトリップは自由参加となっていますが、4日目も車でしか行けない場所で(ツアー等が無い)、そこでも建築や住宅の視察を予定しています。ほとんどの方が参加されています。毎日、ホテルには5時くらいに帰ります。宿泊予定ホテルのソフィテルの目の前がショッピングセンターのビバリーセンターで、ブランドショップも多く集まっており、夜9時までオープンしていますので、毎日お買い物ができます。また、4日目の帰り道にプレミアムアウトレットショップへ行く予定にしていますので、ショッピング好きな方もご安心下さい。(ロサンゼルス市内の路面店は18時閉店が多い)

Q.食事は毎回みんなで一緒でないといけないの? 夕食が心配で一人で行けないかも。

朝食はホテル内のレストランで召し上がっていただけます。(朝食券をお渡しします)到着した夜は懇親会を兼ねて夕食会をご用意しています。他の昼食、夕食については用意がありませんので各自自由になっています。ただし、視察中の昼食につきましては時間がありませんので、ハンバーガーショップや、地元軽食店で一緒に食事していただきます。夕食について不安な方は、当社スタッフの食事に同行していただけます。(お支払いは割り勘になります)また、宿泊するホテルは食事にも便利な場所です。

Q.どういった建築、住宅へ行くか前もって分かるのでしょうか?資料はあるの?

視察する住宅につきましては、オーナーとの日程調整が必要なため、最終決定がツアーの約2週間前くらいになります。それから資料を作成します。出発10日前までにツアー説明会を開催しますので、それまでには資料としてお渡しできるようにいたします。また、訪問する住宅やホテル周辺のショップが明記された地図を作成いたします。視察建築のレベルは当社の販売しているCDの写真を参考にいただければと思います。

Q.オプショナルツアーはあるの?(ディズニーランド等)

当社は旅行会社では無く、営利目的のツアーではありませんので、オプショナルツアーの用意はありません。現地のサイト等参考にして下さい。

Q&Aは、下記よりダウンロードできます。

PDF DATA DOWNLOAD

2014年 エーディコア・ディバイズ  東北・山形提携工場視察ツアーのご案内

2014.03.26

2014年 エーディコア・ディバイズ  東北・山形提携工場視察ツアーのご案内

AD CORE DEVISE FACTORY TOUR Vol.8
エーディコア・ディバイズでは、ご好評をいただいいる特別限定工場視察ツアーを今年も実施ことになりましたのでご案内致します。

今回は、東北・山形県の当社の製品を製作いただいている提携工場3社の視察を予定しております。CADCAMを駆使しての高度な木材加工や、三次元成型を可能にした高周波成型合板技術を誇る家具工場をはじめ、アルミ鋳造工場や山形緞通の手織り絨毯工場など、普段は見ることのできない魅力ある工場の視察です。

まだまだ東北地方は復興途上です。この時期は、山形名産のサクランボの時期でもあり、工場視察後にはサクランボ園に立ち寄る時間も予定しています。東北を応援する意味でも、是非、このツアーにご参加下さい。

ツアー概要
日程:2014年6月24日(火)~25日(水) 1泊2日 
場所:山形県寒河江市(家具工場)、朝日町(家具工場)、山形市(アルミ工場、手織り絨毯工場)4カ所視察
費用:宿泊、専用バス等現地移動費、食事代込
   山形までの交通手段お客様手配(山形集合)の場合 ー 10,000 円
   当社で山形までの交通手段手配の場合  ー 東京出発 21,000 円
                        大阪出発 39,000 円
定員:25名 (定員に達しましたので、締め切らせていただきました)
参加資格:日頃より弊社製品をご指定、お取り引きのあるお客様


お問い合わせ、参加ご希望の方は、営業担当もしくは下記までご連絡下さい。
info@adcore.co.jp

札幌 アメリカ西海岸インテリアレポート(Vol.8)開催のご案内

2013.12.27

札幌 アメリカ西海岸インテリアレポート(Vol.8)開催のご案内

AD CORE DEVISE SEMINAR NEWS VOL.29
2014年アメリカ西海岸インテリアレポートVol.8を札幌で開催いたします。2013年の10月にクリエイティブディレクター瀬戸が現地にて取材した、アメリカ西海岸の最新レポートです。

今回レポートするのは、アカデミー賞受賞者の住宅、女性建築家の住宅、今が旬のミッドセンチュリー住宅に加え、撮影プロダクションのスタジオオフィス、LAダウンタウンの1920年代に建てられたビルをリノベーションしたコンドミニアム、ハリウッドスタイルのホテルなど、様々な様式やジャンルの建築インテリアです。訪れた場所も海辺のマリブからLA中心街、ミッドセンチュリーの建築の宝庫、パームスプリングスまで広範囲にわたっての取材でした。
実際の生きた空間でのインテリアシーンは、普段では見る事のできないクオリティの高い空間ばかりです。今回のレポートでは新総合カタログに使用した住宅での撮影の模様も紹介。この機会にアメリカ西海岸のインテリアシーンを体感し、お仕事にお役立て下さい。
当日は、「A-mode」の新しいアイテムを一部展示してご覧いただきます。また、セミナー最後に最新版カタログの説明をさせていただきます。

【セミナー】
 時間:1時間半程度   講師:瀬戸 昇(クリエイティブ・ディレクター) 

【日程】
  1月21日(火)14:00〜 (受付13:30)  札幌ファニシング株式会社 1F 研修室 
 札 幌 市 厚 別区大谷地東1丁目2-40 
 OPEN 10:00〜17:00 (セミナー以外のお時間にご自由に新商品をご覧いただけます)
 主催:札幌ファニシング(札幌代理店) TEL.011-894-1151

 用紙をダウンロードの上、お申し込み下さい。

PDF DATA DOWNLOAD

岡山・香川アメリカ西海岸インテリアレポート(Vol.8)開催のご案内

2013.12.24

岡山・香川アメリカ西海岸インテリアレポート(Vol.8)開催のご案内

AD CORE DEVISE SEMINAR NEWS VOL.28
2014年アメリカ西海岸インテリアレポートVol.8を岡山・高松で開催いたします。2013年の10月にクリエイティブディレクター瀬戸が現地にて取材した、アメリカ西海岸の最新レポートです。

今回レポートするのは、アカデミー賞受賞者の住宅、女性建築家の住宅、今が旬のミッドセンチュリー住宅に加え、撮影プロダクションのスタジオオフィス、LAダウンタウンの1920年代に建てられたビルをリノベーションしたコンドミニアム、ハリウッドスタイルのホテルなど、様々な様式やジャンルの建築インテリアです。訪れた場所も海辺のマリブからLA中心街、ミッドセンチュリーの建築の宝庫、パームスプリングスまで広範囲にわたっての取材でした。
実際の生きた空間でのインテリアシーンは、普段では見る事のできないクオリティの高い空間ばかりです。今回のレポートでは新総合カタログに使用した住宅での撮影の模様も紹介。この機会にアメリカ西海岸のインテリアシーンを体感し、お仕事にお役立て下さい。
当日は、「A-mode」の新しいアイテムを一部展示してご覧いただきます。また、セミナー最後に最新版カタログの説明をさせていただきます。

【セミナー】時間:1時間半程度   講師:瀬戸 昇(クリエイティブ・ディレクター) 

【日程】
 岡山・1月29日(水) 岡山シティミュージアム  4F 講義室  14:00〜 (受付13:30) 
 岡 山 市 岡 山市北区駅元町15-1
 OPEN 13:00〜18:00 (セミナー以外のお時間にご自由に新商品をご覧いただけます)
 共催:クレセンド(岡山代理店)
 
 高松・1月30日(木) サンメッセ香川  2F 中会議室  14:00〜 (受付13:30) 
 高 松 市 林 町2217-1 
 OPEN 13:00〜18:00 (セミナー以外のお時間にご自由に新商品をご覧いただけます)
 共催:アーバンハウス(香川代理店) 協力:コーエキ(愛媛代理店)

用紙をダウンロードの上、お申し込み下さい。

PDF DATA DOWNLOAD

Recent Posts

Back Number

2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005

EVENT

SEMINAR

PRODUCT

PRESS

SHOWROOM

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る