CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY :048-MODEL( FILE No.30)

2015.09.24

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.68
今回は昨年秋に発表したNEO CLASSICO Heritageの中から、048-MODEL(コロニアルスタイル キャビネット)を紹介します。様々なデザインを源流に持つコロニアルスタイル様式をモチーフにデザインしたキャビネットです。素材感溢れるホワイトオーク材を、引出しや扉の框組にも無垢材をふんだんに使い、彫りの深い印象的なキャビネットシリーズとして、2014年に発表しました。

TVボードは、ホワイトオーク材の無垢材をフレームにまわして、表面にうずくり加工を施した厚突板をはめ込み、木目を引き立たせた、重厚な厚みを持つ天板に仕上げました。彫りの深い印象的な扉のバリエーションは、用途やデザインに合わせて3パターン用意しています。リモコン操作が可能な木製ルーバータイプと、収納したアイテムが確認できるクリアガラスタイプ、木肌の質感を活かした木製扉タイプからお選び頂けます。TVボードのバックパネルには、AV機器の熱を放出するルーバー孔と配線孔を設け、さらに内部には電源コンセントを取り付けました。

サイドボードは、無垢材を使用した引出しを設置、内部の箱には桐材を使用しています。下の扉はTVボードと同じデザインで、クリアガラスタイプと木製扉タイプの2種類用意しました。TVボード・サイドボードの全ての扉・引出しにはソフトクローズ機能付の金物を使用し、扉の開閉にも優しく対応してくれます。ツマミにはブロンズ色で仕上げた真鍮製を用意しました、ヴィンテージ感ある色合いがよりキャビネットを際立たせます。また壁面に設置した場合、巾木で隙間が出来ないように、背面の台輪のみ脱着を可能にしています。

更に今回NEO CLASSICO Heritageには使い込まれた上質なイメージを残しつつ、ナチュナルなヴィンテージ感を出した染色塗装、ヴィンテージホワイト(D-6)とヴィンテージブラック(D-7)を新たに用意しました。048-MODELは、サイズバリエーション・扉のデザインを選べることから、一般住宅からオフィスまで、幅広くご利用頂けるキャビネットシリーズです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■048-MODEL 製品ページ ▶ 左上:天板の木口には厚み20mmの無垢材を用いて掘りの深い印象的な仕上がりにしました。右上:ルーバータイプの扉は、無垢材を五角形に加工した羽を使用し、上から内部は見えませんが、水平から内部が見えて、リモコン操作を可能にします。左下:TVボードの内部には2口コンセントを取付けてあります。右下:棚板の後ろには配線が通せるようスリットを設けています。 左:ガラスタイプの扉は、格子を面取り加工し、ガラスをより際立たせる仕上げにしました。右上:引出しのスライドレールは意匠を考慮し、箱下に取付けています。脱着も簡単にできソフトクローズ機能が内蔵されています。右下:ソフトクローズ機能が内蔵された、ガンメタル仕上げのスライド丁番。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る